カイロプラクティックの禁忌症

こんにちは
鹿児島市中央駅近くの整体院、リリーフカイロプラクティックの浜田です。

カイロプラクティックはどんな症状にも有効というわけではないです。

今回はカイロプラクティックの施術をおこなってはいけない疾患を

紹介させて頂こうと思います。

カイロプラクティックでは、次のような疾患を禁忌症としています。

絶対禁忌(カイロ治療を行ってはいけない疾患)

骨折

靱帯断裂

脱臼

重度の外傷(それらの損傷部位に対して)

腫瘍性疾患

出血性の外傷や疾患

脊椎スベリ症

脊椎管狭窄症

相対禁忌(治療する際に特別な注意が必要な疾患)

リウマチ

膠原病

関節不安定

不安定性脊柱すべり症

硬化性脊柱炎

重度の捻挫

挫傷

骨粗鬆症

骨軟化症

大血管のアテローム性動脈硬化症