追突事故にあって腰が痛い

昨日、信号待ちをしている時に
後ろから追突されて
腰が痛いので
早めのケアをしていたほうがイイと思い
施術を受けに来ました。
と半年ぶりに来院された患者さん
追突事故
病院で検査を受けたけれども
特に異常なしとのこと
けれど
運転中や座っている時に
腰に痛みが出るそうです。
追突事故による衝撃が体内にのこり
痛みを発しているようなので
今回は体内に残っている衝撃を逃がす作業
まずは腹腔のケア
これで仰向けでの腰の痛みが無くなり
肩甲骨の下が今度は気になりはじめる
なので、次は胸腔のケアをして
右の膝と股関節をケア
これで、痛みがあまり気にならない状態に
ココで立ってもらい
痛みの具合いを確認すると
痛みが半減以下とのことなので
本日はココで終了
帰る時には痛みが軽くなり
笑顔で帰られたので良かったです。
病院で診てもらって異常なしと言われても
痛みがあるということは
何かしらの身体の異常があるサインです。
そのサインを無視せずに
早めのケアをされることをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする